航空券

航空券購入の注意点

往復航空券等が必要

往復航空券等、必ずフィリピン出国用の航空券をご用意下さい。日本からフィリピンへの片道航空券だけでは入国を拒否される可能性があります!また、帰国日変更が可能なオープンチケットでも帰国日の入ったものをご準備ください!!

30日を超えて留学する場合の注意

航空券購入時や、日本出国時、空港で発券する際などに、旅行会社や航空会社より、30日以上フィリピンに滞在する場合はビザが事前に必要であると案内されることがあります。
しかし、フィリピンでは現地でビザを延長できることもあり、30日以上後の日付の帰国便チケットでも条件によっては購入できますし、フィリピンへの入国も可能です。
たいていは問題なく購入可能ですが、その条件は少々、複雑なので旅行会社の案内に従い正しく航空券をご予約ください。
例えば、旅行会社から、一旦30日以内に帰国日を設定するようにと案内されることがあります。その際には留学期間に合わせた期間のオープンチケットを購入し、30日以内の帰国日を仮に設定し、学校到着後に航空会社で予定の帰国日に変更して下さい。
近年、インターネットで購入できるローコストキャリア(格安航空会社)のジェットスター航空を利用した方から、日本の空港でチェックインする際に、30日を超える帰国日の帰国便を予約したら、30日以内にフィリピンから出国する帰国分の航空券を追加購入するように指示されたという報告が挙がっていますので十分にご注意ください。(同様の報告はデルタ航空を利用したお客様からもございます。)

ジェットスター航空で同日乗換えに失敗するトラブルが多発

近年、ローコストキャリア(格安航空会社)のジェットスター航空で、日本からマニラに移動して、マニラからセブへは各種フィリピンの国内線で同日に乗換えを試みて失敗する留学生が増えています。
一見、余裕を持って乗換可能なフライトスケジュールであっても、利用者の話では日本からマニラに移動する際のジェットスター航空の便が2~6時間程度の遅れが発生するなどして、結果としてかなりの方が、次のマニラからセブへの便に乗り遅れています。
このような場合、マニラからセブに向かう便を、正規料金で再度、購入しなおす必要があるだけでなく、セブの空港で待っている学校職員が待ちぼうけになったり、送迎の再手配が非常に難しい場合があります。現状、ジェットスター航空航空等のローコストキャリアを利用した同日乗り換えは控えるか、どうしても同日乗り換えを試みる場合には、マニラからセブへの国内線はその日の最終便を自己責任で購入検討ください。(特に大阪発のジェットスター航空利用で同日乗り換えに失敗した例が多数、報告されています。)

格安航空券の種類

航空券には、いくつかタイプがありますが、ほとんどの留学生が利用する格安航空券の種類について説明します。

OPENとFIX

1.OPEN(オープン)
復路(帰国便)のスケジュールをセブ到着後に変更することができる航空券。
2.FIX(フィックス)
往路(出発便)も復路(帰国便)も変更不可能な航空券。料金はOPENよりも安いことが多い。

直行便と、様々な乗換便

1.直行便
出発地と目的地を直行する便です。一番、早くて快適です。日本からセブへの直行便は、フィリピン航空が、成田⇔セブ、大阪(関空)⇔セブ、名古屋⇔セブ の間を就航しております。
また、ローコストキャリアのセブパシフィック航空でも成田⇔セブ間を就航しています。
さらに、2016年12月から日系ローコストキャリアのバニラエアで、成田⇔セブ間を就航開始し、サービス面でも期待されています。
2.大韓航空、アシアナ航空、キャセイパシフィック航空等の乗り換え便
大韓航空やアシアナ航空の場合は、日本の各国際空港から乗って韓国で乗り換えてセブに到着します。キャセイパシフィック航空の場合は香港で乗換えになります。乗り換えは同一空港建物内を移動して乗るだけなので電車を乗り換えるかのごとく簡単です。また、特に韓国乗り換えの仁川国際空港内は免税店やショップの店員で日本語を話せる方も多くいます。
3.フィリピン航空利用のマニラ乗り換え便
フィリピン航空を利用して、日本の各国際空港から乗ってマニラでフィリピンに入国後、国内線に乗り換えます。フィリピン入国後に、空港職員の質等で評判があまり良くないマニラ空港内の国内線乗り場に移動しなければならず、大韓航空などを利用して他国(韓国、香港等)で乗り換えるよりも、若干ですが難易度は高くなります。
4.ローコストキャリア(セブパシフィック航空、ジェットスター航空等)のマニラ等での乗り換え便
ローコストキャリア(格安航空会社)を利用して、例えば、セブパシフィック航空で①関西空港⇔マニラ国際線 ②マニラ国内線⇔セブと乗り換えます。①と②の両方でチェックイン手続きが必要で、マニラで一旦、荷物が出されます。また、乗り継ぎの保証が無い為、十分過ぎる程、余裕を持ったスケジュールで航空券を購入いただく必要があります。値段は、他の航空会社を利用する場合に比べて安価なことが多いです。しかし、欠航で他便に振り返られたり、大幅に遅れたりして乗り換えに失敗してしまった例が他の航空会社に比べて圧倒的に多く報告されています。乗り換えに失敗すると乗り換え先で、新しい航空券の購入や学校の送迎を再度、手配しなおす必要があります。ご利用は慎重に検討をお願いします。

航空券はどうやって買うの?

セブ行き航空券の販売実績からご紹介させていただく旅行会社

静岡県浜松市の旅行会社「ワールドエアサービス」は、これまでに多数の留学生のセブ行き航空券を取り扱っており、一般的な留学生スケジュールやビザの事等がわかっていて購入しやすいです。

  ワールドエアーサービス株式会社
  TEL:053-452-3611
  メール:was1@was-jp.net
  担当者:野寄さん
  休日 :日曜日、祝日
  (フィリピン・セブへの留学と言うと話がスムーズです。)

こちらの旅行会社はネットで航空券を検索した場合に見つかる最安値とほぼ、同程度の値段になることが多いようですが、少しでも安く買いたいと考えた場合、Yahoo!トラベル等でも、往復航空券を検索してみましょう。
また、旅慣れた方であれば、例えば、フィリピン航空の公式サイトから直接、購入いただいても問題ないでしょう。

やっぱり、値段が大事! でも、利用難易度高め

英語が中級以上で海外渡航経験が複数回あって、内容を十分理解した方なら・・・
日本からセブに行く安い方法として、日本の一般的な旅行会社が扱っていない、セブパシフィック航空というローコストキャリア(格安航空会社)の成田⇔セブの直行便を、公式サイトで直接、購入する方法があります。
(さらに、2016年12月就航開始の日系のローコストキャリア・バニラエアは、日系の為、サービス面でも期待されています!)
また、関西や名古屋、福岡からは、セブパシフィック航空やジェットスター航空のマニラ乗り換えで渡航する方法があります。
例えば、関西空港からセブパシフィック航空で渡航する場合、セブまで購入するには、「関空⇔マニラ国際線 マニラ国内線⇔セブ」の順で公式サイトで購入します。
ただし、ローコストキャリアは色々と不便な点が多く、これまで利用した留学生からは様々なトラブルが報告されています。
特に、セブパシフィック航空は購入してしまったら最後。何か問題があっても、航空会社に電話やメールで連絡をとろうにも、まず繋がりません。
最近はジェットスター航空等のローコストキャリアを利用して乗り継ぎながらセブに渡航される方がおりますが、乗り換えに失敗してしまうケースが多数ございます。これらのローコストキャリアをご利用される場合は十分にご注意ください。特に最近は、ジェットスター航空を利用してマニラで同日乗り換えでセブに行こうとして乗り換えに失敗するケースが相次いでいます。
その点、2016年12月に就航開始のローコストキャリア、バニラエアは日本の航空会社という事もあり、ホームページ表示も自然な日本語表記で分かりやすく、問い合わせも日本語でできますので、ローコストキャリアの中では、利用しやすくなるのではと期待されています。

ローコストキャリア(格安航空会社)の不便な点

【直行便・乗り換え便で共通のトラブル(特にセブパシフィック航空利用時に発生)】

  • 通常、ホームページで航空券を購入すると、購入したことを証明する添付ファイル付のメールが届くはずだが、届かない。その為、航空会社に電話やメールを試みるが、連絡がとれない。
  • ホームページから航空券を購入。名前等を間違っていたことに、すぐに気づいたが航空会社に電話やメールを試みても連絡がとれずに変更できない。
  • 急にフライトスケジュールが大幅に変更になったことを通知するメールが一方的に届く。運が悪いと、それすら届かない。

【乗り換え便のトラブル】

  • 同一航空会社でも国際線と国内線では別々にチェックインしなければなりません。荷物は乗り換えをするマニラで一旦、出されます。
    (例外もありますので、チェックインの際に必ず確認してください。)
    (通常、他の一般的な航空会社で通しで乗り換え便を買う場合は、乗換地では再チェックインの必要は無くて、最初の出発地で預けた荷物は最終目的地まで送られます。)
  • 例えば、セブパシフィック航空の場合は、往路(関空等→マニラ国際線 マニラ国内線→セブ)は、マニラで1泊する必要があります。マニラ空港内に宿泊する場合、人が多くて荷物の管理が大変です。トイレに行く場合でも荷物から目が離せません。また、空港内のベンチの数が不十分で、居場所の確保に苦労します。空港(ターミナル3)の建物4階にある日系カプセルホテルThe Wings Manila Transit Lounge(http://jipang-group.com/thewings/)をご利用いただくことをお勧めします。
  • 例えば、セブパシフィック航空の場合は、万が一、日本→マニラが大幅に遅れた場合、事前購入していた、セブへのマニラ国内線に乗れない可能性があります。
  • 急に予定していた便が欠航になり別の便に振り分けられることがあり、乗継がうまくできない事があります。
  • 機内食は提供されません。機内で売られている軽食や飲み物を購入するか、空港内で買った食事を持参してください。(事前予約すれば購入可能)
  • ジェットスター航空はマニラ空港の第1ターミナルを利用します。セブパシフィック航空は国際線・国内線を問わずマニラ空港第3ターミナルを利用します。ターミナル間はシャトルバス、タクシー等で移動する必要があるので、ジェットスター航空を他のフィリピン国内線と合わせて利用しようと考えている方はご注意ください。マニラに発着している航空会社と使用ターミナルについてはコチラをご確認ください。(最終目的地はセブマクタン国際空港です。マニラは中間地点です。)
  • ローコストキャリアで乗り換えするマニラ空港の入出国審査では何かと言いがかりをつける審査官の報告が、複数の卒業生からあがっております。
    (セブで入出国する場合は、これまでの所、同種のトラブルは当社の卒業生からはほとんど報告されておりません。)

セブ留学中に航空券を買いなおす

ローコストキャリア(セブパシフィック航空、ジェットスター航空等)の有効利用

フィリピンセブでの留学生活が気に入ったり、もっと勉強がしたくなって、現地で留学期間を延長する場合に、予め購入していた航空券の利用期限を超えてしまうことが考えられます。
そうなってしまったら、セブから日本へ帰国する片道航空券を購入しなおす必要があります。

その際には、前述のセブパシフィック航空等のローコストキャリアが候補に挙がります。

帰国時の場合は、往路(日本からセブに行くとき)と違って、マニラ乗換便でも同日乗り換えが行えて、同じ日に日本まで帰国するスケジュールで購入できるので、利用難易度はグッと下がります。
また、セブ留学で成長した英語力なら、マニラ乗り換え時の心配要素は少なくなります。
なにより、セブからであれば、セブパシフィック航空のオフィスがあり、購入後に何らかのトラブルがあっても対処可能です。
セブに行くときは、お勧めし辛い点が多い、ローコストキャリアですが、帰国の際には候補に挙げて良いと思います。

乗り換え便の場合、セブで預けた荷物がマニラで出されて、再チェックインしなければならない点は、十分にご注意ください。また、乗り換えに失敗しないように、乗り換え時間には十分過ぎる程の余裕を持った日程で、ご購入ください。 ※例外もございますのでチェックインの際に必ず確認してください。