海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険って何?

留学時の様々なトラブルによる損害を補償してくれるのが海外旅行障害保険(以下、海外旅行保険)です。ケガや病気を補償するだけでなく、持ち物の盗難や破損の場合も補償されます。ほとんどの学校で海外旅行障害保険の加入を義務付ております。もしも、加入が義務でない学校であっても、フィリピンに語学留学する場合は、事前に海外旅行傷害保険へのご加入をお勧めします。また、12週間以下(90日以内)の留学であれば、クレジットカードの無料の付帯保険でも同等のサービスが受けられる場合がございますので、お見逃しなく!

クレジットカードの付帯保険って何?

多くのクレジットカードには、無料で海外旅行保険が付帯しています。(簡単に言うと、ついています。)クレジットカードを持っていれば海外旅行保険に加入することなく、保険が利用できることになります!この付帯する海外旅行保険は、カードを持っていれば自動的に付帯される自動付帯タイプと、クレジットカードで航空券等の旅費を支払った時のみ適応される利用付帯タイプがあります。また、補償される内容はカードによって異なります。留学する前に、必ずカード会社に確認してください。また、保険が付帯される期間は90日以内です。それ以上、留学される方は、一般的な海外旅行保険への加入をお勧めいたします。

クレジットカード付帯保険に関しましては、引き受け保険会社や保険付帯が頻繁に変更になるため、渡航前にクレジットカード会社に問い合わせて、海外旅行保険は付帯されているのか、また、どこが引き受け会社(三井住友や損保ジャパン日本興亜等)であるのかをご確認ください。後述するセブ島で便利な総合病院のジャパニーズヘルプデスクでは東京海上日動引き受けのカードですとキャッシュレス診療は行えません。急な変更により、キャッシュレス診療が受けられなかったとしてもジャパニーズヘルプデスク及び、当社セブイングリッシュは保障いたしかねますので、心配な場合には一般の海外旅行傷害保険に加入するようにお願いします。

海外旅行保険の最大のメリット

海外旅行保険に加入する場合の最大のメリットは、病気や怪我をしたときに病院で、手持ちの現金がなくてもキャッシュレスでスムースに診療が受けられる点だと思います。
特にセブ市の総合病院セブドクターズや、チョンワ病院には日本人職員が日本語で受診をサポートしてくれる『ジャパニーズヘルプデスク』があり、安心サポートでの診療が期待できます。
セブに留学する場合の保険選びの最大のポイントは、キャッシュレスで、このジャパニーズヘルプデスクが利用できるか?否か?です。
セブのジャパニーズヘルプデスクでキャッシュレスでスムースに保険手続きが行える海外旅行傷害保険は以下の通りです。

三井住友海上、ジェイアイ傷害火災、損保ジャパン日本興亜、AIU、エーズ損保、セコム損保、あいおいニッセイ同和、日新火災海上、ソニー損保、朝日火災、富士火災、チューリッヒ保険
(大手保険会社では、東京海上日動が扱えませんのでご注意ください。)

jhd japanese-low re

セブ留学で、お勧めの海外旅行保険は?

前述の通り、セブ市の総合病院にある日本人専用ジャパニーズヘルプデスクでスムースにキャッシュレス診療が行えて、補償内容と費用対効果が優れていることが保険選びの最大のポイントになります。

12週間以下(90日以下)留学の方

付帯保険が利用できるクレジットカードを持っている方

セブの総合病院にあるジャパニーズヘルプデスクで、無料でキャッシュレス診療が可能です。持っているカードの付帯保険の補償内容をカード会社に確認して、十分な内容であれば、追加で海外旅行保険にご加入いただく必要はありません。尚、カードによっては死亡保険だけで、病気や怪我には適用されないものもあるのでカード会社にきちんと確認を行ってください。

クレジットカード付帯保険に関しましては、引き受け保険会社や保険付帯が頻繁に変更になるため、渡航前にクレジットカード会社に問い合わせて、海外旅行保険は付帯されているのか、またどこが引き受け会社(三井住友や損保ジャパン日本興亜等)であるのかをご確認ください。現状、東京海上日動引き受けのクレジットカードではキャッシュレス診療が行えないのでご注意ください。

付帯保険を利用するには航空券等を購入するときの旅費をクレジットカードで支払っていないと利用できないカード(利用付帯)もありますのでカード会社に連絡して、ご確認ください。

一部のクレジットカードでは、30日や60日までしか保険が付帯されないものがありますので、ご注意ください。

付帯保険が利用できるクレジットカードを持っていない留学出発までに1ヶ月以上ある方
何れかのクレジットカードを事前に作っておくことをお勧めいたします。コストパフォーマンスを重視する場合、年会費永年無料の『JCB EITカード』を、お勧めいたします。バリエーション豊富な三井住友VISAカードもお勧めです。

クレジットカード付帯保険に関しましては、引き受け保険会社や保険付帯が頻繁に変更になるため、渡航前にクレジットカード会社に問い合わせて、海外旅行保険は付帯されているのか、またどこが引き受け会社(三井住友や損保ジャパン日本興亜等)であるのかをご確認ください。

上記までに当てはまらない方や、より充実した補償内容を求める方
損保ジャパン日本興亜『新・海外旅行保険【off!(オフ)】』をお勧めします。フリープラン設計で欲しい補償だけ選べるので、クレジットカードの付帯保険の不足分を補う形の加入にも、お勧めです。

12週間以上(90日超)の留学の方

以下の3つの海外旅行保険がお勧めです。