Bayside RPCの投稿一覧

8週間目。

とうとう、ラストウィーク。

まだまだ勉強し足りない。授業終わってからの自習、宿題、復習、予習は大事だとおもった。でも、しっかり予習して行っても、talkで終わってしまうクラスもありました。勉強に100%打ち込むには、生活面で色々あったので難しかったです。他に気が行ってしまい悩み事なども先生に聞いてもらったりして。勿論、英語で説明してそれを聞いてもらうので、電子辞書を駆使して説明しました。そしたら、先生達の苦労話や、ポジティブな考え方を伝授してくれて、それはとても参考になったし、気持ちの切り替えに役立った。

その中の一つ。

people come and go.

割り切って自分自身を見つめること。その言葉に哀愁を感じずにはいられない。でもそれは、真実。

image

image
写真は上下共、premiumキャンパスです。

Bayside RPC

8週間目。

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

7週間目の月曜日

連休明けて、久々な感じで授業始まりました。たいてい、先生は「連休何してたの?」から会話を進めて来るので、そのやり取りで10~20分位。色々質問して来るので、あらかじめ用意しとけばもっとスムーズな会話になるでしょうが、分からない単語が多いのでちょっと言いたい事も時間がかかってしまいます。。

連休中に、国内線で初めてマニラに行きました。台風が接近していたのでギリギリまでticket買えなかったけど、実際行くと快晴で風も無く、外の散策は熱中症に注意しなければならない程の暑さでした。セブでも日中の散策は、熱中症対策必須です。水は必ず持参して、タオルと帽子、必要な方はサングラスを。。こちらは夏なので来た時も暑かったけど、今は一段と暑くなりました。散策は、マニラ地区のインストラムロスという、要塞の中の街でマニラ大聖堂、サンチャゴ要塞、リサール公園、その後オーシャンパーク、最後にSMモール.オブ.アジア(アジア最大級モールらしいです)で、そこの道路挟んだ向こう側にマニラ湾、ロハス通りがありsunsetが超綺麗でその時間帯は、カップルや観光客で一杯になっていました。

 

Bayside RPC

7週間目の月曜日

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

6週間目の週末。

今日からフィリピンの大型連休に入りました。土日入れて木曜と金曜も授業休みになるので4連休です。カトリックの祝日で、聞くところによると日本のお盆みたいで、この時期は帰省ラッシュで車は大渋滞になるらしいし、金曜日は大型スーパーも閉まるらしいです。学校の先生達も、他の島出身だと長時間かけて帰るようです。聞いてると大変そうだし、来週の月曜日の出勤に間に合わないかもしれないけど頑張って帰って来るって言ってました。

話変わって、最近先生がころころ変わるので対応に疲れます。readingの先生4人目になります。で4人目の先生も、来週で終わるって情報聞いたので多分2ヶ月でトータル5人になると思います。6教科中2教科だけ今の所同じ先生です。他の生徒の子達も同じように言ってました。非常勤講師がほぼ締めているので学校と先生の契約が終了すると、バイバイです。契約期間って2ヶ月って聞いたんですけど本当だったら短すぎる…。で、更新してしばらくして又戻って来る先生もいます。こういう繰り返しだと、先生のクオリティ保てないのでは?と思います。

結局のところ、勉強は自分次第という事を、ここに来て実感しています。

Bayside RPC

6週間目の週末。

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

セブ6週間目の月曜日。

ここ2〜3日wifiが繋がらず、今日やっとブログ更新出来ました。毎週のように、調子の悪い波が来る。学校だけの問題では無いらしく、この周辺規模でそうなるようです。

昨日部屋にヤモリが二匹いた。というか、もうお友達です。コックローチとはお友達になれないけど、ヤモリさん達は害虫を食べてくれるので。でも、寝ている時に落ちて来ないでね、とは思います。それで、ここに来て初めてヤモリが鳴くのを知りました。そうとう大きい声で鳴きます。うとうと居眠りしてる時に、ヤモリさんの大きな鳴き声でビックリして目が覚めました。もう、うるさいわ!静かに遊んで下さい。って感じです。とにかく、外の子達もよく鳴いてます。もう、虫だらけと言えば虫だらけです。あと、部屋の入り口と風呂場に蟻の巣があって入り口の方は、スタッフの方に退治して貰いました。風呂場の方は今の所問題無いので放ってます。部屋のドアは、開放厳禁です。モスキートが大量に入って来て、以前、部屋替えた時に100匹は殺しました。次から次から飛ぶので、勉強そっちのけで退治してました。コックローチは、学校の敷地内にもいるけど夜に近所のバルから帰ってくる時に大量に見てしまい、見なかった事にしています。ホンマに、ええええーーっ‼︎って感じでした。部屋では、こっちに売ってるベープマットつけて寝ます。詰め替えも売ってます。刺す力は弱いみたいだし、あまり野外のカフェテリアに長時間いないようにしてるし、ほとんど咬まれてないです。

最後、これも昨日出会って腰抜かしそうになったのが、岩かと思ってよく見たら25センチはあるデカイ、カエル!猫がそばに寄って来たけど普通にお互い知らん顔で、それにも驚いたけど。夜行性で出て来たようだ。皆んな見ていないので、レアな遭遇をした。

Bayside RPC

セブ6週間目の月曜日。

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

セブ、4週間目。

セブのセブンイレブンハロハロinternationalSchoolの子供

 

はや、4週間目が終わろうとしています。でも、まだ4週間残っているので、頑張らねば。週末は、毎週お別れがあって、そして、また新しい人達が学校に入って来ます。

金曜日の授業はたいてい一週間のレビューをします。ちゃんと、理解出来ているか確認されるので毎日復習していれば大体OKです。でも、出来ていない時のレビューは当然キツイですが、先生達は優しくリードしてくれるので、助かる時が結構あります。

生徒の年齢は、若い人達10代後半~30代前半、特に20代前半が多くてさすがにジェネレーションギャップを感じますが、それなりに友達も出来て楽しめています。今の時期は、大学生の春休み中を利用しての留学が大半です。日本人率ほぼ100%です。2人くらい韓国人がいますが。。先に日本に帰った同期の子は、次回もし来るなら日本人が少ない学校に行きたいって言ってました。同感です。なぜなら、これだけの日本人率だと、授業終わると普通に日本語で話してるし、言葉であまり困らない生活が出来てしまうから。。英語の伸び率が心配…。中には、友達を作らず授業とご飯以外はstudyroomにほとんどいるという男子の大学生もいました。一人でいる事は平気だし、勉強しに来たので、、、って当たり前の事言ってました…。帰って4月から大学院だそうです。カッコイイと思いました!は

やっぱり、同期の子達と色々遊べるから、大半は週末外出してる感じですね。セブはこれから夏になるので、今でも日中は本当に暑いです。部屋のクーラーの効きは弱いし、ガーガー音ばっかり大きくて、ホンマ何なん⁉️って感じで勉強する気になれない日もあるけど、焦らずセブ生活やって行きたいと思います。

日焼け止め、薄手の長袖、海へ行くなら長袖の水着をお勧めします。。でも、普通にワンピやセパレートの水着でも全然OKですが、それで、私はこの歳で海へ2回行っただけで真っ黒けっけ。で、3~4日間は、真っ赤に火傷して痛くて、下着の紐を肩に掛けれませんでした…。ご注意を。ではまたです。

 

 

 

 

 

 

Bayside RPC

セブ、4週間目。

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

セブ、マクタン、3週間目。

今週の途中で、部屋をかわりました。カフェテリアの近くでうるさくて眠れなかったけど、そこからちょっと離れた部屋で、2人部屋だったのも、1人部屋にかえました。差額分払うけど、気も使わなくていいし、よく眠れるようになったので、良かったと思います。

授業は、マンツーマンが主です。先週の終わりに1番好きだったspeakingの先生が、学校との契約終了という理由で一旦お休みになって、また数週間後に契約更新で帰って来るらしいです。自分でもビックリしたけど、泣けました…。最終日、感謝の手紙を渡しました。とても喜んで貰えて、ハグしてくれました。先生とのフィーリングって、最初から合ってるかどうか分からないし、(わかる時もあるけど)、嫌な先生の仕草も、文化の違いで悪気が無いって後で分かる事もあって、逆に好きになったりもしたので、様子を見てどうしても無理だったらチェンジすればいいと思います。

それと、日々、単語力は大事だなぁ〜って思います。毎日、新しい単語と宿題と、復習とで、予習する時間が足りない事もあります。週末も出掛けたらやっぱり疲れるし、眠気も来るし。

セブの美味しいスイーツ、ハロハロ食べました!お勧め。では、また。

 

 

Bayside RPC

セブ、マクタン、3週間目。

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

2週間目の金曜日。

やっと2週間目が終わろうとしている。セブ島に来てから、咳が止まらず、風邪なのか何なのか原因不明。学校のclinicで咳止めを貰って飲んだり、薬局で買った薬を飲んだりしてるけど、一向に治らない。今日は週1回来る、doctorに診てもらって、抗生物質と液体の咳止めと鼻水止めとドロップを処方された。鼻水は、出てないから、要らなかったけど、来週月曜日また受診してくれるらしい。これにかかった代金は、クレジットカードの海外旅行保険サービスで払えます。なので、Cardは、必需品です。なんか、簡単な書類を書いてCardの写メを撮られて、Card会社の人と電話ではなし、Card番号を伝えます。難しいことは無かったです。むしろ、薬が効くかの方が心配です。海外にいると、ちょっとの怪我や病気なんかも、心細くなるし、英語の授業も大変なのに、、、。

2週間目にして、ルームメイトが今2人目で最初の子が30歳、今の子が25歳です。はっきり言って慣れるのにちょっと気を使ったりしてしんどい部分もあるけど、それもお互い様で仕方ありません。

あと、学校の寮の敷地の隣がカラオケ屋さんなのでカフェテリアで、wifiつないでネットや勉強してると、ズンチャカズンチャカ、かなりノイズイーです。これ深夜までです!なので、studyroomへ行きましょう。若い人達の中にも、カフェテリアで大声で話したり笑ったり盛り上がって、深夜早朝まで、、、。私の部屋はカフェテリアの隣なので、余計ノイズイーです。注意する人も居ないし、学校自体が緩すぎるようです。

今週は、色んな意味でホームシックです。

image image

 

Bayside RPC

2週間目の金曜日。

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

セブはほんまに夏なんや〜

大好きマンゴーシェイク

ある日の寮のランチ

2月22日の日曜日にセブ島に来ました。今日は、既に4日目で、授業は祝日でオフです。

振り返ると、空港に着いた時から、ム〜っと暑く、「ほんまに暑いわ〜」って実感した。毎日シャワー浴びて、スッキリしたつもりやけど、情報通り塩分でベタつく、、、。でも、今の所、普通に髪も体も洗ってます。シャンプーコンディショナー石鹸類は、最初の月曜日に連れて行ってくれるショッピングセンター(Gaisano Mactan)で購入。

ここはマクタンの学校なので、もっと規模の大きいSMモール、アヤラモールは、セブシティーにあり、月曜日の夕飯後に学校からトライシクルに乗りガイサノショッピングセンターで、タクシーに乗り換えて行きました。トータル時間60分くらいかかった。夕方5時まわるとラッシュで、マクタンからセブに渡る橋周辺は、大渋滞!おまけに乾季なのに雨ジャージャー(夕立ち?)

タクシーもメーターより、すぐ交渉しようと運転手以外の周りの者が、なんやかんやと言って来る。これは、トライシクルも似た感じで。ちなみに、行き交渉にのり、300ペソ、帰りSMモール玄関前のタクシー乗り場から、タクシー待ちの列にならんで、メーターで、285ペソ、行きは18時前で大渋滞だったから、メーターで行ったほうが300ペソ超えたかもということです。もし渋滞でなければ50~100くらいは、ボラれている。帰りも少し渋滞しました。トライシクル

3人で行ったので、常に割り勘です。昨夜も、学校から1分くらいの

Ciaoというバルに初デビューし、先に来ていた同じ学校の生徒(50~70代のお兄さん?!)の方々とご一緒させて頂きました。立ち替わり入れ替わり8人くらいで、現地の料理をつまみに、私個人は、サンミゲルビール2杯と、マンゴー100%シェイク、氷とミキシングしてるのでフローズンみたいな感じで、バリうま‼️(45?ぺソ)

帰り支払いは、100ペソを置き先にでました。後はまだお兄さん?!方、お酒とお話を楽しまれていました。

食べ物は美味しいです。寮の食事も口に合うし、何より作ってくれるのって有難いです。まだまだ、来たばかりで授業も1日受けただけなので、そういった話も書いていきたいと思います。何せ、月曜日のLeveltestでは、悲しいかなビキナー1という結果だったので、本当にしっかりしないと。焦ってもそれ以上、下に行きようが無いのですが、、、。やり直しとどう学ぶか、、、。また。

 

 

 

 

 

 

 

 

Bayside RPC

セブはほんまに夏なんや〜

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。

セブへの出発前に

こんにちは!今週末、セブ・マクタン島の『Bayside RPC』校での留学がいよいよスタートします♪ 滞在予定は8週間で、海に近くて緑が多い、南国らしい環境で英語を勉強します。どんな経験ができるか、今から楽しみです!

Bayside RPC

セブへの出発前に

海辺の学校でセミリゾート留学

フィリピン・セブ地域マクタン島ビーチリゾートエリアの学校。数十名の先生が学校内の寮に住んでいるから、放課後も楽しく英語で会話ができます。海辺の緑豊かで広大なキャンパス内にはインターナショナルスクールが併設されいて、現地学生とコミュニケーション可能です。特に親子留学の方にお勧めです。