LIFE CEBU 8週間留学20代女性AKさんの投稿一覧

LIFE CEBU 8週間留学20代女性AKさん について

LIFE CEBU 2015年9月から8週間留学 PowerSpeaking1コース 1人部屋 留学開始時の英語レベル:前上級者 20代女性AKさん

vol.8 結果報告!!

最終日の朝にブログを更新しております。
明日の夜中にカナダのトロントに向けて出発する予定なのですが、荷造りを全くしておりません。不安です笑

さて、8週間の留学期間をほぼ終えて、どれぐらい成長が出来るのか自分なりに報告をしたいと思います。

もともと別のところでも留学経験があり、前職でも英語を使った仕事をしていました。そのため、流暢ではない・文法に間違いがある・語彙が少ない・同じフレーズの使い回しがほとんど同じパターンだった私ですが、8週間を終えて、

まず、自分の弱点に気づきました。繰り返し先生が指摘してくれたおかげですね。
例えば冠詞をつけ忘れてしまったり、動詞・形容詞・副詞・名詞を間違って使っていたのでそれも意識できるようになりました。
話すスピードやイントネーション、発音ももちろん向上したと思います。
履歴書の書き方や就職面接のやり方など、知識も増えました。

スピーキングを鍛えるために来たので、結果としてはかなり満足しています。

また、TOEICも公式なものではありませんが、無料で受けることができます。
留学直前に受けた時は585点でしたが、留学6週目に受けた時は710点まで上がりました。自分でもびっくりでした。

留学を充実させるためには、出来るだけ多く日本語の環境から離れるかが大事だと思います。授業のあと、休日にも英語を話すように心がけていると、話す機会は2倍にも3倍にもなると思います。

本当に楽しんで過ごすことができました。
自信を持ってカナダへ行くことができます。
LIFE CEBUを選んで良かったと思います。

留学に際し、たくさんのスタッフの方にご相談に乗っていただきました。
この場をお借りして、感謝したいと思います。
お世話になりました。

vol.7 勉強方法

初めての留学は、何から準備をしたらいいのか悩みました。
特に前もって何を勉強していけば効率よく留学生活が送れるのか、空いた時間にでも勉強をして留学に備えたかったのですが、なかなか的を絞ることができませんでした。

今回は、事前にしておいて良かった・しておけば良かった学習を紹介したいと思います。

留学の目的は人それぞれですが、共通して必ずあるのが
「英語を話せるようになりたい」

ライティング・リーディング・リスニング・スピーキングとありますが、目標の話をするとき、必ず出てくるのはスピーキング。

日本にいる間に勉強しておけば良かったなーと思うことも、やっぱりスピーキングですね。
特にLIFE CEBUはマンツーマン授業が豊富。せっかく1:1で話せる機会があるのに、話したい言葉が出てこないのはかなりフラストレーションがたまります。

私も含め、日本人でありがちなのが「正しい文法、正しい語彙を使って、正しくしゃべらなくては!」と思うこと。そう思ってしまうから、なかなか頭の中で文章が組み立てられず、言葉に詰まってしまうんですよね。
ただ先生との授業中、間違えばもちろん訂正してくれます。
今は、あまり間違いを恐れず「こんな感じかな?」「言いたいことを分かってもらえるかな?」といった感じで授業中話しています。

話せるようになるための近道は、難しく考えずシンプルに文章を作ることに慣れることが大切だと思います。

例えば、私もまったく話せなかったとき、とにかく気を付けていたのは
主語+動詞 だけ

過去形とか過去完了形とか進行形とかとりあえず無視をして、
とにかく主語と動詞、その後にくる言葉の順番に気を付けていました。
主語を忘れて話してしまうことが多いので、まずは順番をしっかりしました。
それを意識し始めると、単語と単語で話していた英語が文章になり始めます。

それに慣れてきたら、過去・現在・未来を意識します。

最初の頃は言いたいことをそのまま言えないのが悔しかったのですが、
シンプルな文章に作り替えて、シンプルに話すように心がけました。

例えば、「今日、予定がなかったら一緒にご飯食べに行かない?」
If you don’t have any plan, shall we eat out tonight?

シンプルにしてしまえば
「今日、予定ある? 夜ご飯食べに行かない?」
Do you have any plan tonight? Shall we go for dinner?

と文章を分けてしまっても良いわけです。

日本にいる間にあらゆるシチュエーションでの会話を考え、簡単に伝えるための文章を考える練習をしておくといいと思います。

また、参考書をもっと持ってくれば良かったという意見をよく聞きます。
私もその一人ですが、TOEICの本は現地で買えるだろうと思っていたのですが、最後まで見つけることは出来ませんでした!
荷物になってしまいますが、必需品だと思います。

vol6. 近場の旅行先

セブに来れば毎日海に行ってリゾート気分を味わえるのではないか?と思ってセブ島を選びましたが、思いのほか都会すぎて驚いています!!
それでも週末はどこかに出かけてリゾートを楽しむにはうってつけですね。

今回は旅行について書きたいと思います。
ネット環境があまり良くないので、写真を載せられませんが、気になる地名などがあればぜひ調べてみてください!!

ご紹介したいところは
・マクタン
・マラパスクワ
・カモテス
・オスロブ

①マクタン
セブ空港からすぐの学校から1番近いリゾート地です。アイランドホッピングができ、魚と一緒に泳げるシュノーケリングは最高でした!! タクシーで行けるくらい近いので日帰りで行けるので、最初の週末に出かける人が多いようです。

②マラパスクワ
セブ島の最北端にある小さな島です。海が本当に綺麗でした!!
ただ、遠い!!バスで片道4~5時間、そのあとおおよそ1時間の船移動でした。もちろん日帰りは不可能。時間が許せば2泊はしたいところでした。
スキューバダイビングで有名なところなので、ヨーロッパの観光客が目立ちました。
何もせずビーチでまったりと過ごすのにも最適なところでした。

③カモテス
マラパスクワほど遠くはありませんが、こちらもかなり綺麗な海が楽しめるリゾート地!
バスで2~3時間、その後フェリーで2時間ちょっとかかります。このフェリーのチケットを購入するのが一苦労でした!売り切れてしまうと3時間待たなくてはいけないので、ヒヤヒヤでした。島についてからの移動はバイクタクシーですが、車がほとんどいないので安心して乗ることができました!
ホテルからそのまま水着で海に行けるので、理想的なリゾートを楽しむことができます!観光地の割に食べ物も安かったので、カモテスが私の1番のおすすめ観光地です!

④オスロブ
私は行く機会がなかったのですが、本当に人気の高い観光地なのでぜひご紹介したいのですが、ここはジンベイザメと一緒に泳ぐことができるスポットなのです!
ここに行く場合、ほとんどの人が日帰りで帰ってきますが、セブ市内から近いとはとても言えません!セブ島のほぼ最南に位置し、バスで4~5時間ほどかかるそうです。
ジンベイザメが現れるのが正午あたりなので、それに合わせてほとんどの生徒さんは夜中3時に出発します。日本の水族館に行って「私、ジンベイザメと泳いだことあるよ」なんて言える面白い経験ですね!

遠出する場合、乗り物酔いをしやすい人は薬局で酔い止めを購入しておくことを強くおすすめします。時期にもよるのかも知れませんが、かなり船が揺れて辛かったです。
旅の予算はホテルのレベルにもよるのですが、大体3千ペソくらい!日本に比べるとやはり安いですね!

学校の周辺にも見所がたくさんあります!動物園や大きな教会、ショッピングセンターも近くにあるので土日は出かけることが多いですね。
節約するつもりで来たのに、なかなか難しかったです!

vol.5 ワーホリコース体験談

Power Speakingのコースからワーホリコースに変えるとどんなふうに授業が変わるのか、どんな内容を学習できるのか、正直私もよく分かっていませんでした。

そこで今回は、おそらく数少ないであろうワーホリコースの体験談について書きたいと思います。

そもそも、Power Speaking1の場合の時間割と内容はこんな感じでした。
1時間目:文法
2時間目:ボキャブラリー
3時間目:会話力
4時間目:ライティング
5時間目:ネイティブの先生によるグループ授業
6・7時間目:休憩(もしくはエッセンシャル授業)
8時間目:CNNのグループ授業

そこから、ワーホリコースに変えると
1時間目:リスニング
2時間目:リスニングのグループ授業
3時間目:会話力
4時間目:ビジネスボキャブラリー
5時間目:ネイティブの先生によるグループ授業
6時間目:ワーホリライティング
7時間目:休憩(もしくはエッセンシャル授業)
8時間目:CNNのグループ授業

という感じです。

Power Speaking から比べるとかなりビジネス色が強くなりました。

簡単に授業の内容を紹介したいと思います。
①リスニング
レベルによって教科書が違うようなのであくまで参考にして頂ければ!
 TOEICにも似た内容で、書き取りなどもあります。

②グループでのリスニング
 同じようにワーホリに行くクラスメイトとの唯一のグループ授業。主にカナダに行く人とオーストラリアに行く人です。先生曰くワーホリコースを選ぶ生徒は多くとも4人にしかならないそうです。
オーストラリア向けに作られたコースとありましたが、決してそんなことはなく、ブリティッシュアクセントなどネイティブが話していることを聞き取る練習をしています。

③ビジネスボキャブラリー
 休みの取り方、謝罪や感謝の仕方などを多様なビジネスシーンで使う英語を学習します。ボキャブラリーというよりビジネス英語が身につけられる授業です。

④ワーホリライティング
 実際にレジュメを書いたり、面接に向けた練習を行います。ワーホリに行った際、どんな仕事に就きたいか明確にしていると、先生も明確なアドバイスをくれるので非常に助かります。

授業の名前は実際のものとは異なるのですが、分かりやすくなればと思っております。
グループと記載のないものは、ほか全てマンツーマン授業です。

私の場合、8週間の滞在のうち最後の3週間をワーホリコースに変更したのですが、なるべくこの短期間の間に学習できるところまでしておきたいという焦りがあったので、それを先生に相談すると理解してもらえて、通常の2倍ほどのスピードで授業を進めてくれています。宿題に回せるところは回して、次々に授業をすすめてくれたりもします。それもマンツーマンだからこそできるところですね。わがままを言わせてもらっていますが、みんな「力になるから」と協力してくれます。本当に助かっています。
 前半に基礎を固め、後半で実践力を身につけられるようにしましたが、この方法を選んで良かったと思います。日常会話にも自信がつきましたし、現地に行ってからのことも不安は軽減されました。

vol.4  他の語学学校と悩んでる方へ

今回は、5週間経過した私の視点からLIFE CEBUのことを紹介して
他の語学学校と悩んでる方へ少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。

そもそも、私がここを選んだ理由は
1.一人部屋が空いていたこと
2.ワーホリコースなど関心のあるコースが多かったこと
3.マンツーマン授業数が豊富なこと
が挙げられます。

私は2年前にインドのムンバイでも語学留学の経験がありますが、
今と比べると生徒数は10分の1ほど。
全てグループクラス。
コースもそんなにたくさんはありませんでした。
授業数も固定でした。

LIFE CEBUは本当に日本人が多いのが特徴です。
そのため、食堂のご飯は日本人向けで助かりますが、あまり海外に来た実感はありません!
時期にもよるのでしょうが、日本の大学が長期休暇に入ると大学生でほぼ占められます。
10月に入ってほとんどの大学生が帰国してしまい、
生徒数もかなり減ったように思います。
4人部屋でさえ、2人で使っているというのをよく聞きます。

授業は本当に楽しんで受けています。
私の先生の平均年齢は25歳くらいだと思います。
私の場合は、先生というよりも友達感覚です!
日常のたわいない話をしていても、間違えた表現をするときちんと訂正してくれるので
本当にありがたいです。
グループ授業しかないと、なかなか発言する機会が少ないですが
マンツーマンは嫌でも話さなくてはいけないので
会話力は身に付きます。
目安としては6週間経つ頃に成長が感じられるそうです。

私は今までPowerSpeakin1という授業数の少ないコースを選んで
空きの時間に追加の授業(Essential)をいれていましたが、
残り3週間ということもあり、ワーホリのコースへ変更しました。
かなりフレキシブルに対応してもらえるので助かります。

初日にレベル分けテストがあるので、
英語に自信がない人も、ある程度話せる人も双方満足いく授業内容になるのではないかと思います。

vol.3 お金関係

今回は留学関係で自分が1番気にかかっていたお金の話をしたいと思います。

<出発前>
留学に必要なお金はもちろん留学学校に支払うものだけでは済みません。
・学校に支払うお金
 (授業料、電気代、ビザ、テキスト代などなど)
・飛行機代
・保険代
・セブに来てから遊ぶためのお金も必要です。

私はLIFE CEBUを卒業後そのままカナダへワーホリに行くつもりなので、
さらにお金がかかりそうです。

必要な予算の計算をしっかりして、
多めに用意出来るようにするといいですね。
私はもともと3ヶ月、ここに通おうと思っていましたが
予算が不安だったので2ヶ月に短縮すると
学校の費用費用・保険代・電気代など合計で20万近く削減できました。
ざっくり1ヶ月20万かかるというのが分かりました!!!
(私の場合は1人部屋なので、料金がもちろん高めです)

<セブに来てからのお金は?>
2週間など短期の場合は、日本円を現金でもってくる人が多数ですが
何ヶ月もいる方にとっては、現金をそのまま持ってくるのは
かなり不安ですよね。

私の場合、海外でも使えるキャッシュカードを持ってきました。
「PLUS」や「VISA」のマークがはいっているATMがかなり多くあるので
大変便利です!!
引き出しに手数料がかかってしまいますが、
多額の現金を持ってくるリスクを考えるとマシですね!

ここに来る前は節約をするために、旅行にも行かないようにしようと思っていましたが
綺麗な海が見たくてついつい旅行してしまいますよね!

vol.2 学校紹介‼︎

今回は学校での様子について書いて行こうと思います。

私が来たのは9月上旬だったのですが、日本人の大学生が全体の大部分を占めていました。どうしても学校では日本語が飛び交っていましたが、夏休みの終了と共にいまは少し閑散とし始めています。
噂によると今度は韓国人の団体留学生が来るとか。
また雰囲気が変わると思います。

現時点では、日本人の割合が多く、次いで韓国人です。
他には台湾人、中国人がいます。

授業は朝8時から始まり、終わりは人それぞれですが私の場合は、16:40に終わります。
全部で6コマあるうち、
マンツーマン授業が4コマ
・語彙
・発音
・文法
・スピーキング

グループ授業は2コマ
・ネイティブの先生による授業
・CNN

私の先生たちはみんな本当に個性豊かで、
毎日楽しく授業をしてくれます。

私はどちらかと言えば、テキストに沿った内容よりも
フリートーキングをしたがるので、
50分の間、ずっと日本の文化の話や恋愛の話などたわいもない話をしている事もあります。
(もちろんテキストに沿った授業が基本です)

マンツーマンなので、どうしても先生との相性で良し悪しがありますが、
もし万が一、相性が悪い場合は先生の変更も可能です。

先生との距離は本当に近くて、夕飯を一緒に食べに行ったり、
週末になると先生たちと旅行に出かけることもあります。

ここに来て3週間ですが、成長していると実感できます!

vol.1 自己紹介‼︎

3週目にしてやっとブログが書けます!
と言うのも、なかなかネットが繋がらず、困っていました

今回は初めての投稿ということで、簡単に自己紹介とライフセブを選んだ理由を紹介したいと思います。

私は広島から来たEnglish name Ayaです。
ライフセブでは8週間滞在予定です。
その後、カナダへのワーキングホリデーを予定しています。

海外留学はこれで2度目です。
以前はインドへ3ヶ月滞在していました。
そこで、日常の簡単な会話ができるようになりましたが、
まだまだ流暢に話したり、難しい言い回しが出来なかったので、
カナダへ行く前に再度留学することを決めました。

セブを選んだのは、マンツーマン授業が豊富なことと
海が綺麗なイメージがあったからです。

この学校を選んだのは豊富なカリキュラムがあったからです。
英語面接に重点を置いたもの。
ワーホリに重点を置いたもの。
TOEICに重点を置いたもの。
たくさんありますが、現在私が選んだカリキュラムはごく一般のものです。

受講後でもコースが変えられると聞いたので、まずは会話力をつけようと考えています。

次回は授業や先生について書こうと思います!